> 検索
<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
アカデミー賞と英語と日本語読みと
相変わらず、気分は落ち目です・・・。

さて、今日はアカデミー賞の発表でした。ディカプリオのオスカー獲得はなりませんでしたが、何かそういう方が今後にドラマを生みそうな気がしています。何年か後に、ついにディカプリオがオスカー獲得!!とかなる日が来るのでしょうか。彼は子役からずっと活躍しているんですね。子役から継続していい役者として評価されるのは大変なことだと思います。

ところで、このディカプリオの映画は「アビエーター」で、英語では "The Aviator" です。音としては「エイビエーター」と聞こえます。ローマ字読みするならアビエーターなんでしょうが、実際エイビエーターと聞こえるんだからそれでいいのでは?と思ってしまいます。ビタミンをバイタミン、エネルギーをエナジーというのはちょっと癇に障りますが、アビエーターという外来語というか日本語はないのだから、と思うのです。言い換えた方が分かりやすいのでしょうか?

また逆アカデミー賞とでも言える、ラジー賞では3年前のオスカー受賞者のハル・ベリーが受賞したそうです。驚きなのは本人が会場に来たということです。最低の映画を決めるこの賞に、本人が来ることは今までなかったそうで、すごい盛り上がりだったとか。ちなみに作品はキャットウーマンだそうです。

さてこのハル・ベリーですが、私の記憶ではアメリカでは「ハリー・ベリー」と呼ばれていたと思います。日本語ではハル・ベリーになってしまうのです。別に美しい英語の発音で呼ぶわけではないので、多少はいいじゃないかと思いつつ、極力本来の読み方に近い呼び方をした方がいい気がしています。これってローマ字読みで、日本人に分かりやすい読み方なんでしょうが、この呼び方で行こうっていうのは誰が決めているんでしょう。あるところではハル・ベリー、別のところではハリー・ベリーということはないですもんね。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-28 23:11 | 思ったこと。
落ち気味
ちょっと、ここ数日気分が落ち気味です。仕事的な部分も結構占めていますが、嫌な事が続いていたので・・・・。

昨日は万引きの現場に遭遇してしまいました。店内に怒声が響き渡るのを初めて聞いた気がします。今日は某スーパーで買い物客の中年が車を止めるために、わざわざ三角ポールで駐車できないようにしているところのポールをどかして、そこに車を停めていました。ガードマンに「そこは身体障害者用なんですが」と言われると「俺は身体障害者だから」とありえないことを言い、何事もないかのように去っていきました。

なんとなく嫌な気分のときにそういうところに遭遇したので気分が非常に滅入っています。久々にダメダメな感じになっています。こうなるとなかなか復帰できないんです、私・・・。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-28 00:32 | 思ったこと。
ふつう
アメリカに行ったばかりの頃にはホームステイをしていました。ある日、ホストファミリーと買い物に行ったときに、食べ物について「○○は好き?」という質問を色々されました。好きとか嫌いとかいった答えは簡単なんですが、好きでも嫌いでもない「普通」という時はなんて言うんだろうと迷いました。そこで "normal" と言ってみました。今考えると恥ずかしいことこの上なしなんですが、そう言ってみました。やはり通じませんでした。

でも色々言ってみたら何となく理解してくれたみたいで、そう言うときは "so so" と言うんだよ、とのことでした。そのとき手を胸の前に出して、手のひらを下にして左右に振りながら言うんだということでした。他にも、"OK" なんていうのもありだと言われました。これは言い方が大切なんですけど活字では表現できないですね。最初の頃は "so so" ってよく言っていたんですけど、だんだん英語に慣れてきたら言わなくなっていました。ニュアンスで喋れるようになってきたからだと思うんですが "OK" と言っていました。後はジェスチャーとか使ってみたりして。

前に大魔人こと佐々木投手がシアトルに行った頃、テレビのインタビューの中で "so so" と言っていたのを見たような気がします。そのとき、とりあえず英語の基本として習う表現なのかなと思ったのでした。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-26 23:21 | ネタ帳
語学学校に行かなかったツケ
私は学校に入学する前に語学学校に行きたかったので留学のアドバイザーの方にお願いして出来れば数ヶ月間、入学前に語学学校に行っておきたいということを伝えていました。結局スケジュールが合わず、学校から入学の許可が下りてしまったのでぶっつけ本番での入学となってしまいました。

私の行っていたところは、私が予想していた以上に留学生がいなかったので、頼れる人はいず、つまり周りのアメリカ人と頑張っていくしかなかったのです。当時、一応TOEFLは入学に必要な点数を取っていました。でもそんなものは何の役にも立たず、英語だらけの中で大変な思いをしました。何しろ何も言っていることが分からないのですから・・・。「あっ、今日は何か言っていることがいつもより分かるかもしれない!」、「今日は何だか英語力が落ちた気がする」、そんなことを思いながら悪戦苦闘していました。それでも大リーグ養成ギブスのように、無茶な環境に置かれるとその中で何とか対応していけるようになってくるんですね。リスニングがどうたら意識しないようになってきた頃にはなんとなく他の人が言っていることが分かり、自分の言いたいことをかろうじて伝えることが出来るようになっていました。

ところで、やはり最初の頃は全く英語が出来なかったので、クラスメートの何人かとは話したいのに言いたいことを伝えられないなんて状態のまま、さようならになってしまったりして非常に残念な思いをしました。授業についていけないというより、仲間と思うようにコミュニケーションが取れないというところに、もっと語学学校に行くなりして英語力をつけておきたかったと後悔したものです。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-23 23:46 | 生活
スタバについて改めて思う
最近、スターバックスに行く頻度が増えてきました。日本に帰ってきたばかりの頃は価格がアメリカと比べ高すぎるのと、ドトールがあることからあまり足を運ぶことはなかったのです。

今でもキチンと食事できるドトールがメインなのは10年くらい前から変わらないのですが、食事したいというより落ち着きたいときは併用しています。

アメリカにいた頃は車でコーヒーを飲むことが多かったので、買うだけだったのであまり気付かなかったのですが、店内の造りはコンセプトがユニークだし、流れている音楽はお洒落だし、店員さんも丁寧だしで文句をつけるところがないんですね。さすがに世界規模の企業だし、シアトル発だ(個人的嗜好の強い意見ですが)と思うのです。

最初は値段が高いのがスターバックスっぽくないと不満だった私ですが、その分学生さんが少なく静かでいいと思うようになっています。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-22 21:21
TOEFLを受ける
アメリカやカナダの学校に留学しようと思うとTOEFLという英語の試験を受け一定の点数を取得する必要があります。TOEICという試験はよく耳にすると思いますが、ちょっとだけ違うようです。TOEFLは基本的に学校に入学することを目的としたテストだと思っていいと思います。

TOEFLのスコアをどう取っていくのか難しいところです。私は日本で毎月受験して点数を上げていき、最終的に必要なスコアを取得しました。入学に必要なスコアは比較的早い段階で取得したのですが、出国のギリギリまでは緊張感を持たせる意味もあって受けつづけていました。

またアメリカの大学等にある語学学校に入学し、そこで語学を勉強しながらTOEFLを受け必要なスコアを目指すという方法もあります。問題はTOEFLで一定のスコアが取れるまでは学校に入れないわけですから、いったいどのくらいの期間語学学校に行かないといけないのか分からなかったりします。

当然語学学校に行くのにもお金がかかるので、日本でスコアを取った方がいいのかもしれません。ただお金はかかりますが語学学校に行った方が確実かつ格段に英語力が上がるのでどうするべきかは悩むところです。ちなみに私は全く語学学校に行かずに入学してしまったので、しばらくの間はひどく苦労したものです。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-21 22:57 | 思ったこと。
留学の準備
近頃電車に乗っているとあまり学生を見かけなくなりました。さすがに学校を卒業してから随分時間が経っているので感覚がなくなりつつあるのですが、そろそろ卒業の季節なんですね。受験シーズンもそろそろ終わりに近づいているでしょうし。そんなわけで進路を考えている皆様の中で留学を選択肢として考えている方の参考になればと思い私の経験を書いてみます。

さて、留学するケースは色々あると思うのですが、私の場合、何もバックアップしてもらえる体制がなかったので全て自分で動くしかなかったのです。アメリカで会った日本人の中には、アメリカに知人がいた、親戚がいたなどでアメリカにしばらく滞在して語学を身に付け力がついたので学校に入ったなんていう人もいましたが、普通そういう都合のいい知り合いがいることはありません。そこで私は日本で、留学のカウンセリングから留学の手続き、そして留学するまでをサポートしてくれる会社を利用しました。多分、多くの留学生がこういう会社を利用していることと思います。

このような会社を利用すると確かにお金がかかりますが、そのかわり個人でやるには大変な情報収集や学校とのやりとり、ビザの取得などを手伝ってくれるので十分に価値があると思います。聞いた話では、個人でやるとなかなか学校とのやりとりに時間がかかるということです。確かに英語に精通している人でないと色々時間がかかるだろうなあと思います。ちなみに私はワシントン州を選択したのですが、正直どこがいいというのはなくて、どこがいいというのも分からなくて、カウンセラーの方がシアトルに留学していていいところだったというのを聞いて決めたのでした。おかげで偶然でしたが、いいところに行けました。

ところで、留学先としては英語圏が一番多いと思いますが、どの国を選ぶかは難しいところです。イギリスは留学が難しいというのを聞いたことがあります。他の国と違って大学というのは本当に一部の人が行くところで、多くの進学を希望する人は職業訓練校のようなところに行くとか。また受け入れ態勢もそれほど整っていない?とか。今はどうだか分かりませんし、イギリスに行っている人は多いので何とも言えませんが、当時は何となく敷居が高い気がして選択肢からはずしました。

オーストラリアやニュージーランドも英語圏の1つですが、楽しくて勉強にならないと聞いて、それじゃダメだなと思いました。

で、アメリカとカナダが残ったのですが、カナダの方がアメリカよりもTOEFLで要求されるスコアが50点くらい高かったんです。それでアメリカに決めました。カナダは勉強しに行くには非常にいい環境だと聞いたのですが、TOEFLで50点上げるのは大変なのです。さて、次はTOEFLについて書こうと思います。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-20 02:21 | 思ったこと。
ふと思うと涙もろくなっている・・・
今、テレビを見ていたらモーニング娘のリーダーだった飯田さんの卒業の企画(?)をやっていました。なんとなく見ていたのですが、気がついたら「うんうん、がんばったねえ」と涙涙でした。軽いおばちゃん状態です。男ですが・・・。

続いてニュースを見ていたら、名古屋空港の最後の日の特集をやっていました。詳しいことは知りませんが、新しい空港が出来たとかで従来の空港はなくなりはしないらしいのですが、形態が変わるようです。それに伴って空港の売店が閉店になるとかで、そのお店を追いかけていました。なんでもその売店は閉店と同時に会社も閉めるとかで、働いていた人たちは解雇という形になるんだそうです。そこで働いていた「おばちゃん」達は十数年から二十数年という長い年月働いていたとかで、やはり思うところがあるんですね。空港最後の日には、みなさん我慢できなくなり泣いていました。それを見てまたまた私、「うんうん、がんばったねえ」と泣いていました。

近頃どうも涙もろくなっています。ついつい感情移入してしまうのです。ところで、どちらのケースも仕事に一区切りついた、新たな出発という内容なのでした。どちらも自分の仕事に誇りを持っていたから見ている人の心を動かすんだろうなあと思いました。それにしても最近の私は泣き過ぎですが。

果たして私は自分の仕事を振り返って泣けるかな?と思ってみましたが、まず泣けないなあと思ってちょっと悲しくなってしまいました。悲しくて泣けるかもしれません。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-19 03:30 | 思ったこと。
つけて味噌かけて味噌
最近の私の楽しみは、このサイトにどんな検索キーワードで来てくれるのか見ることです。あれ、こんなこと書いたっけ?なんて振り返ってみたりして楽しかったりします。

2日前だったと思うんですが、「つけて味噌かけて味噌」という検索キーワードがありました。いやいや、そんなボキャブラリー私は持っていないし、おかしいなあと思いながらGOOGLEでチェックすると、確かにこのキーワードで上位で発見。どこにそんなこと書いたかな?と思いながらそのページを表示

ああ、冷凍納豆のことを前に書いたなあと思って読んでいるとaircooledさんが書いてくださったコメントに「つけて味噌かけて味噌」を発見!私はこれは納豆に味噌をつけて食べているということを書いてくださったのかと思っていたのですが、でも実際にこんなキーワードで調べた人がいるのだから・・・と再びGOOGLEに戻って検索。

つけて味噌かけて味噌」って商品名だったんですね。この記事を書いてから半年も経って初めて知りました。以前に書いた記事を振り返るのもなかなか面白いものです。

しかし、色々な検索キーワードから見に来てくださっているんだなあと感心しつつ、多分目的の情報は手に入っていないんだろうなあと申し訳なく思ってしまったりしています。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-17 23:31 | 思ったこと。
英語と脳の血流
ニュースによると東大の教授の研究で、日本人の中学生が英語の学習を初めた頃に脳の左側の血流が活発になるところがあるんだそうです。それが大学生になって英語が上達してくるとその部分の血流が低下して活動が節約されるということが分かり発表されたそうです。これにより語学の学習の上達度や言語障害からの回復などが脳の働きを調べることで分かるのだそうです。

これと関係があるのかどうかは全く分かりませんが、確かに英語が全然出来なくてストレスを感じながら英文を読んだり、リスニングをしていた頃に比べると、今は(大したことはないんですけど)あまりイライラしないで英語に接することが出来ている気がします。

今でもはっきり覚えているんですが、アメリカに行く前にTOEICを受けたとき、なんとか時間内に全問解答してみたものの、試験が終わってぐったりしていました。それが帰国してから受けたら同様に全問解答しましたが、そんなに疲れがありませんでした。きっとあのときは脳の血流が全開で疲れきってしまったに違いないと、ふと思いました。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-16 23:26 | 思ったこと。
   

思い出なのでネタはフレッシュではないかもしれません。「のすたるじー」です。
by yoshix619
> その他もろもろ
個人的にメールを送ってみようかな?という方はこちらへ
yoshix619@excite.co.jp


ホームページ

英語の素ならバックアップ


その他リンク
ソフトモヒカンAUS(新)

ソフトモヒカンAUS

Enjoy English ♪

TOEICオンライン 

ファーストフード

アメリカ生活ドットネット

英語学習とビジネスを洋書で学ぶ


My blog is worth $2,822.70.
How much is your blog worth?