> 検索
<   2004年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
外来語に思いを馳せてみる
今日の読売新聞に外来語の話が出ています。その中で外来語のうち4つが日本語に言い換えずそのまま使うことになったとか。その4つは「オンライン」「データベース」「フォーラム」「メセナ」です。「メセナ」っていうのは「文化支援」とかあるんだそうですが、いまいちしっくりこないぞってことでそのままになったそうです。メセナって初めて聞きました。他の3つも大体イメージできる気がします。私の感覚で基本的にコンピューター用語はそのまま外来語というか横文字というかそれでいい気がします。

気になったところでは、「リテラシー」。たぶん"literacy"のことだと思いますが、「読み書き能力」という意味で、そのままじゃん!!って感じです。いやその前に、一般に普及しているか、この単語?という気がします。たまにビジネス書などを読んでいると出てきますが、言い換えの候補が出ているようです。

さらに気になったのが「インフォームドコンセント」。"informed consent"あたりでしょうか。これは「納得診療」と言うそうです。おそらくお医者さんが患者に症状であったり薬の効能であったりをキチンと説明した上でお互いに納得して進めていくことだと思うんですが、そんなのに名前が必要なんでしょうか?納得診療ってのもどうかと思いますが、「インフォームドコンセント」なんてわけがわかりません。せいぜい医者が知っていればいいと思います。例えば、お年寄りに「当院のインフォームドコンセントのコンセプトでね・・・」なんて説明でもした日には、「先生は異人さんかい?」なんて言われてしまいそうです。このインフォームドコンセントなんて、もはや外来語と言うより英語そのものでは?とか思ってしまうのは私だけでしょうか?

以前テレビで枡添要一(あってるかな?)氏が「本当に物事を分かっている人なら誰にでも分かる言葉で簡単に説明できるはずだ」といったことを言っていたのを覚えています。時に日本語に直すより外来語のまま使う方が便利なものもありますが、なんでもかんでも英語調にしてそれが賢く見えると思って使ってしまう傾向にはいささか閉口してしまいます。

詳しくは国立国語研究所を見てみてください。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-30 23:54 | 思ったこと。
フォーチュンクッキー
昨日チャイニーズフードのことを書きましたが、さりげなくフォーチュンクッキーのことを書きましたので、今日はその話を書きたいと思います。

どこのチャイニーズフードのレストランに行っても出ると思うんですが、食後にフォーチュンクッキーなるものが出てきます。昨日書いたパンダエクスプレスなどは、ファーストフード的なところがあるので、料理と一緒に出てきますが。

どういったものかというと、あえて言うなら八つ橋を単に甘くして、くねっと曲げて、その中に紙が入っていて・・・。結局伝わりにくいですね。こんな感じです。で、この中に紙切れが入っています。この紙に格言とか運勢とかいったものが書いてあるのです。おみくじというにはちょっと物足りないかもしれませんが、簡易おみくじくらいに思っていいかもれません。一度フォーチュンクッキーがいっぱい入っているものを買ったことがありますが、これはありがたみがなかったです。次々と格言が出てくるのですから。大吉が出るまでおみくじを買い続けているような感覚です。やはり一回の食事に一つのフォーチュンクッキーがいいのです。みんなで何が書いてあるか見せ合って、自分のがいいだの良くないだの、そっちを取れば良かっただの言い合うのもおみくじっぽいです。

ところで、昨日aradasさんがパンダエキスプレスが日本にもあるということを教えてくださったので調べてみました。まだきちんと調べたわけではないんですが、どうやら神戸に日本1号店があるそうです。それも10年くらい前からあるみたいです。他にはどこにあるのか興味津々です。近くにあるなら行ってみたいんですが。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-29 23:54 | 食べること
オレンジチキン
何杯でもごはんが進むおかずEEEtrburl=http://trackback.exblog.jp/tb/139

アメリカといっても田舎にいた私にとって、遊びに行くというとショッピングモールが身近なものでした。だいたいどこのショッピングモールに行ってもフードコーナーがあって、そこにはファーストフード店、和食、中華・・・と入っている店には違いがあるものの、バリエーションは似たようなものでした。

大体どこのモールに行っても中華系のお店はおいしかったのを覚えています。逆に和食は私たち日本人にとってはかもしれませんが、店によっておいしさに差があるような気がしました。先日パンダエクスプレスというところの話が別の場所で出たと言うか出したんですが、ここなんかも私の好きな店のひとつでした。中華系の店の多くは中国系の人がやっている場合が多いからなのか、また日本人にとって中華料理が身近なものだからなのかおいしかったです。

その中で特にどのお店に行ってもオーダーしていたのがオレンジチキンというものです。チキンを揚げたものをオレンジベースの甘いソースで絡めたものなんですが、ホントに中国人は何ておいしいものを考えるんだろうと思ったものです。これにチャーハン(fried riceといいます)、店によってはもう一品(だいたい酢豚とか、辛目のチキンを頼んでました)、さらにドリンクとフォーチュンクッキーなるものがついて5~6ドルくらいで食べられます。

多少重いので、ご飯が何杯も進むというと言い過ぎかもしれませんが、毎日食べても飽きないくらい好きでした。

中華料理はアメリカに住んでいると、妙にお手ごろで身近で、もしかすると日本にいるよりもよく食べたかもしれません。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-28 22:31 | 食べること
最近思っていること。
誕生日+100回記念の本編です。かなり愚痴っぽくなってしまいますがお付き合いください。

そもそも、私の20代前半はひどいものでした。何かすっきりしないというか、いつも悩んでいて、それはもう精神科にでも通ってもいいくらいふさぎ込んでいました。その一方でかなり尖っていたという感じもあり社会適応力0の状況でした。

アメリカに行ったのはある部分、新しい環境に入ることで自分を変えたかったのかもしれませんし、もう現実逃避したかったのかもしれません。今となってはあの頃の感覚は自分のことながらよく分からなくなっています。アメリカでの生活は、それまで知っていた「世界」とはかなり違うもので、自分が住んでいた「世界」がいかに狭いものだったのかを思い知るには十分なところでした。一生懸命頑張ったアメリカでの生活は自分を変えてくれました。親からも随分丸くなったと言われました。神経質だった私はかなり大雑把な人間になっていました。

ここによく来てくださるフミヨさんが先日くださったコメントを読んだときちょっとドキッとしました。ここに書いていることって過去に私が経験してきたことがベースになっているんですが、確かに自分でもあきれるくらい鮮明に覚えているのです。それって、そのくらいその頃のことが自分にとって意味深くって楽しかったからだと思うのです。実際まだまだ書いていけそうな感じです。じゃあ、日本に帰ってきてからの自分ってどうなんだろう?と思ってしまうのです。正直、数行でネタが尽きてしまいそうです。正直な話、日本に帰ってきてからのことで楽しい思い出が少ない分、過去のことがより鮮明になっているのかもしれません。

悲しいかな、私達の生活って仕事が基本になっています。それだけに仕事って生活の中でかなりの比重を占めているんですが、私はどうも仕事に恵まれていないのか(多分環境的に)、楽しいとかやりがいを感じるとかいった気になれないのです。それで結局、生活のため淡々と仕事をこなしているという感じでいます。「いやいや、仕事が楽しいなんてないよ!」「そんな考えは甘いよ!」と言われそうですが、やはりどうせやるなら楽しみたいし、やりがいを持って働きたいものです。実際そういう生活を送っている人たちをアメリカで見てきてしまったし、充実感というものがどういうものなのか知ってしまったのが幸か不幸か今の自分にズシリと響いています。そんなことを思っているから、どうも精神的に落ち気味で参っています。

ただ有り難いのは、そんな私を癒してくれる人たちが少ないながらも周りにいてくれるおかげで、なんとか精神的に安定を保っていることです。昔の尖っていた自分なら、そんなこと露も思わなかったでしょう。「一人で何でもやれる」くらい言っていたと思うし、実際やっていくのでしょう。今の私には、そういった周りの人たちがいなければやっていくことは出来なくなってしまっています。それは自分が弱くなってしまったのかもしれないけれど、そんな自分が結構好きだったりします。もしアメリカに行っていなかったら、今よりまともな社会人だったかもしれないですが、孤独で人間的にも嫌な人間になっていたかもしれません。

アメリカに行くまえに自分で決めていたことがあって、30までには自分の方向性をきちんとしたものにしようと心に誓って日本を旅立ったのです。30まであと1年を迎えた私にとってこれからの1年は非常に重要なものになってきます。「30にもなって方向性なんて」と言われそうですが、それはアメリカ時代を一生懸命だけれども楽しんで駆け抜けてきた、そんな充実感のある生活を再び取り戻す、そんな方向性だと思ってます。

過去のことを振り返るのは何か後ろ向きな気もしますが、ここにあれこれ書いていることは結構私自身にとって刺激になるようです。そんなわけでここに今後もとりとめもなく書いていこうと思っている次第です。前にも一度似たようなことを書いた気がしますが、自分を振り返るにいい機会だと思って書いてみました。次は150回目くらいかな???
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-27 02:43 | 思ったこと。
tricky
私のお気に入りの言葉に "tricky" というものがあります。日本だと例えば、サッカーの試合なんかで、ちょっと変わった動きをして相手を翻弄するプレーに「トリッキーな動きですねー」とか言います。

辞書的には「ずるい」「いんちきの」「ややこしい」「扱いにくい」なんて意味があるようです。具体的にどういう時に使うというより、音の響きと使ったときに表現が面白くなればいいなあという、ヘタクソ英語使いの私なりのテクニックのひとつとして採用していた単語でした。

はじめに聞いて印象的だったのが、学校のテストで日本でいう「ひっかけ問題」が出たときの事です。誰かが問題に対して「トリッキーな問題だ」と言いました。そのときに「ああ、こういうケースでトリッキーって使うんだあ」と思いました。日本人が使うトリッキーという意味もあるんだと思いますが、それ以外にも意味があって、微妙にニュアンスがつかみにくい単語かもしれません。日本的には「奇をてらった」的な意味があると思いますが、英語では「ずるい」とか「ひきょう」といった意味合いも含んでいるのかな?と勝手に思っています。サッカーで相手にファールを取られたふりをして、わざと転びフリーキックのチャンスをもらうプレー(シミュレーションとか言うそうです)がありますが、あれもずるいプレーなので「トリッキーなプレー」なのかもしれません。アメリカではあまりサッカーは人気がないので何ともいえませんが・・・。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-26 23:28 | ネタ帳
強調表現
高校のときだったと思いますが、文章を強調したいとき "on the earth" を付けるというのがありました。例えば、"What are you doing?" なら、"What on the earth are you doing?" でしょうか。

で、アメリカでよく聞いたのが "the heck" というものを挟むものです。"What the heck are you doing?" のような感じになります。辞書によると "heck" には「ちくしょう」何て意味があるそうですが、今始めて知りました。「おいおい、いったい何なんだよ!」なんてときに "What the heck..." とだけいう人もいました。「ワットザヘーーーック」のようないい方ですがニュアンスは伝わらないかもしれません。

もう少し強い言い方というかでは、"the hell" を使い、"What the hell are you doing?" のようないい方をします。テレビを見ているとよく聞く表現ですが、私の周りで実際にこういっている人を聞いた記憶がないので、もしかしたらキツイ言い方なのか、よろしくない言い方なのかもしれません。私の好きな番組で "Frasier" というのがあるんですが、この出演者にロズという人がいて、この人が「いったいこれ何だったの?」という意味で "What the hell was that?" と言ったのがなぜか非常に印象に残っていますが、これまた伝わらないかもしれません。

ついでですが、一度ロンドンに行った時に、街中で女の子2人が喋っているのが聞こえてきました。ちょうど地下鉄の駅が猛烈に混んでいて、そのことで不満を言っていたようなのですが、"What is the fxxkin' crowd!" と言っていたのを聞いて、「なんて言葉を使うんだ!」と驚いてしまいました。ちなみにアメリカ英語と違い小さい「ア」が入らないので「腹筋」のように聞こえるかもしれません。アメリカだとミリタリーの人がこの手の表現を使うと聞いたような聞いていないような。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-25 02:36 | ネタ帳
galanddo
昨日ネプリーグという番組を見ました。そこでおもしろネタをやっていたので書いてみます。

西条秀樹さんの歌に「ギャランドゥー」という曲があるのは有名ですが、どういう意味なのか?というものでした。すごくバカバカしいんですが "GAL AND DO" で、「ギャル、そして、する」から「五時から女」というものだとか。解釈はくだらないのですが、こんな簡単な単語の組み合わせでこれだけインパクトのある単語を作ってしまう才能は欲しいと思いました。ちなみに作者はもんたよしのりさんだそうです。ギャルという言葉に時代を感じてしまいます。

さらにかの有名バンドのゴダイゴの意味についてもやってました。999の歌とか歌っている人たちですね。これは "GO DIE GO" から来ているんだそうです。

他にも色々あったみたいなんですが番組の最後しか見れず、この2つしか見れませんでした。全部見れなくて残念!!こういう和製英語とでもいったものも、なかなかおつなものです。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-24 23:51 | 思ったこと。
祝100ネタ目
1日1ネタを目標にやってきた当ブログ。実はこれが100個目のネタになります。そんなわけで今日はブログについて書いてみたいと思います。

1番目のネタを見てみると、単にメモしておきたいことを書いておこうと思って始めたみたいです。その時、実はメルマガをやってみようと思い始めたばかりで、ネタをここにストックしておこうと思っていたのです(メルマガは予想以上に大変なのに反応はなく、自分で書いていても面白くなくなってきて、今は一応お休み状態にあります)。始めたころは単に日記サイトか、ちょっとステキな掲示板くらいの印象しかなかったのですが、簡単なHTMLで結構柔軟にいじることもできるし、何よりただ文章を書いて投稿するだけでページが出来てしまうのは魅力です。最近はようやくトラックバックとかの使い方も分かってきて楽しい限りです。

ここでは基本的にテキストのみとしています。理由の一つに、内容は基本的に過去のことであり、リアルタイムな画像が出せないこと。それと、一応写真はあるのですがデジタルにするにもスキャナーを持っていないこと(どこかにデジタル化したものもあるんですが探すのが面倒くさい)。できれば自分の文章力に頼り、色々と見てきたこと、感じてきたこと、思っていることを表現できればいいなあと思っているのです。ただ問題点は、私の文章力ときたら夏休みの読書感想文に「吉川栄治」氏の「三国志」全8巻だったかを読み、粛々とあらすじを書いてしまったほどのナイスセンスなので、果たして言いたい事が伝わっているのかは悩みの種です。

そもそも自分のために始め、誰かに見てもらおうという気があった訳ではなかったのですが、続けているうちに徐々に見に来てくれる方が増えてきて、ありがたいことにコメントも頂けるようになって来ました。国内から見てくださる方も入れば、国外から見てくださる方もいて、実際に海外生活の経験がある、もしくは生活中の方からのコメントを読むと、「ああ、自分は本当に海外で生活してたんだな」と再認識できてしまいます。そんなわけで、ここに書いている内容は妄想でもなんでもないのです。やはり読んでくれている方がいると思うと、自分向けではなく、読んでくれている方に向けた表現になってきているのだろうなと思います。ただ、内容は相変わらずヘナチョコです。

ブログの普及は間違いなく個人が情報を発信する敷居を下げているだろうな、と感じます。もはやHTMLを覚えたり、高価なソフトは必要ないのかもしれません。私は基本的に自分のブログで精一杯で、私のところへよく来てくださる方のブログを中心にしか見ていませんが、それでもかなりのブログがあることに気づいてしまいます。このエキサイトのだけでも相当量になるんでしょうね。それから、個人で発信しているブログが予想外に面白いのに気づきます。意外とステキな情報の宝庫になっているかもしれません。

まあ何はともあれ、まだまだネタはストックしているので、小出しにしながら楽しんで続けていこうと思ってます。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-23 22:46 | 思ったこと。
ジェス
あなたEペットE慢を!Etrburl=http://trackback.exblog.jp/tb/136

昨日書いたジェイクに比べると、ややインパクトにかけるジェシーはジェスと呼ばれています。ジェスはジェイクより2歳年上で、体はやや小さめです。彼は普段非常におとなしく冷静ですし、言う事をよく聞きます。

しかし、彼も只者ではありませんでした。泳ぐのが好きなジェスは、近くの海に連れていってもらうと、いつまでも泳ぎつづけます。いくら呼んでも戻ってきません。長い時間泳ぎ回り疲れて帰ってきたぞ、と思った瞬間、また海に戻っていってしまいます。もうこちらがヘトヘトになっても泳ぎつづけます。海だと特に狂ったように遊びまわりますが、それに限らず表に出ると暴走を始めるんだそうです。外弁慶ってやつでしょうか。

彼は私のホストファミリー(飼い主)と共に日本にいたことがあります。旦那さんのミリタリーの仕事で岩国にいたんだそうです。ある日、広島かどこかの山だったか海だったか、とにかく崖があるところに遊びに行ったことがあったそうです。まだ幼かったジェスは、家にいるときとはうってかわってはしゃぎまくったそうです。そしてホストファミリーの2人の前を走っていたんだそうですが、突然フッと消えてしまったとか。どうした??と追いかけてみると、はしゃぎすぎて低い崖から落ちてしまったんだそうです。笑っていたので大したことはなかったんだと思いますが、以外と困った犬でした。

見た目はジェイキーの方が悪い奴っていう印象を受けてしまうんですが、どちらかというとジェイキーは素直で甘えん坊、一見よい子に見えるジェスは頑固でわがままという印象でした。何はともあれ、この2匹がいたおかげで私がアメリカ生活の初期を寂しい思いをせずに過ごせたのは言うまでもありません。

ところで、この2匹と関わって覚えたもうひとつの表現。ときどき裏庭で嘔吐していた彼らのことをホストファミリーに報告しようとしたときです。はたして「吐く」ってなんていうんだろう?と困ってジェスチャーして伝えてました。"vomit" なんて単語がありますが、教えてもらったのは、"throw up" というイディオムです。一回聞いただけの表現ですが、なぜかはっきりと覚えています。

ところで、いったいどうやって私のジェスチャーから「吐く」ということを理解してくれたのか、今振り返ってみると申し訳なく思ってしまいます。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-22 23:06 | 生活
ジェイキー
あなたのペット自慢を!

私のペットではないんですが・・・。

ホームステイ先には2匹の犬がいました。2匹ともラブラドールレトリバーでジェシーとジェイクといいます。ジェイクは当時3歳でかなり巨大な犬でした。みんなにジェイキーと呼ばれています。真っ黒で巨大な体格なのでパッと見、怖いのですが実はとても甘えん坊です。みんなでテレビを見ていると、必ず誰かの膝の上に頭をのせて寝るのです。私の膝の上にもよくやってきました。とにかく大きい犬なので、時間が経つにつれて足がしびれてきます。

さらに非常に食いしん坊で、私が何か食べていると横に来てダラダラよだれを垂らしながら、何かもらえるのを待っています。ちなみにこのとき覚えた単語が「ドゥルーリング」というものです。おそらく"drool"だと思うんですが、「よだれを垂らすこと」を指します。ジェイキーは口の周りがゆるくて、もうそれは大きい口の周りからよだれがダラダラこぼれ、床にはかるい水溜りが出来てしまいます。また、そんな口のゆるい彼なので膝の上に寝ているときも、膝の上はよだれでベタベタになってしまいます。

さあ、そんなおなかのすいたジェイクはある程度満足すると、頭を左右にブルブルと振ります。予測の付く方もいらっしゃるかと思いますが、その時彼の頭を軸にして、よだれが地球の周りを回る人口衛星、あるいは「いなかっぺ大将」のだいちゃんの「どぼじて」の涙のように、グルグルと回ります。これはからくりテレビに投稿したいくらいの映像なのです。
[PR]
by yoshix619 | 2004-06-21 23:55 | 生活
   

思い出なのでネタはフレッシュではないかもしれません。「のすたるじー」です。
by yoshix619
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> その他もろもろ
個人的にメールを送ってみようかな?という方はこちらへ
yoshix619@excite.co.jp


ホームページ

英語の素ならバックアップ


その他リンク
ソフトモヒカンAUS(新)

ソフトモヒカンAUS

Enjoy English ♪

TOEICオンライン 

ファーストフード

アメリカ生活ドットネット

英語学習とビジネスを洋書で学ぶ


My blog is worth $2,822.70.
How much is your blog worth?