> 検索
<   2004年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
I think
今日はネタの宝庫ESLから書いてみたいと思います。

ESLとは外国人向けの英語のクラスなんですが、ここには色々な国の人がいました。その中にフィリピン人の兄妹が来ていました。スモールジャパニーズの私から見ても小さいこの2人は、母国語はタガログ語というものなんだそうですが、歴史的背景などから英語にも接していたのか、若いからなのか、とにかく英語の吸収が早いのです。うらやましく思っていました。

私も英語に慣れてきた頃、彼らが "I think" を「アイ ティンク」と言っていました。なにか、そう言っているのがとても可愛く(子供っぽく)見えました。「ティンク」って言ってるよ、なんて笑っていました。なにしろ自分は「アイ シンク」と言うもんだと思っていた訳ですから。

私たち日本人は、"th" の発音がうまく出来ないので、"I think" が、"I sink" として聞かれている可能性があるかもしれません。「私は思う」と言いたいのに「私は沈む」と聞こえてしまうのは悲しい限りです。

さてさて、「アイ ティンク」と2人が言っていたのはまんざら間違いではなく、というよりむしろ正しく、実際アメリカ人の中にもこのような発音をしている人がいます。本当は私にはそう聞こえるだけで、実は絶妙な発音をしているのかもしれません。"th" の発音はかなり意識して聞いていたこともあってか、人によって微妙に違った発音をしている気がしました。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-31 23:49 | ネタ帳
something
学生時代に不定詞の表現で

"Would you give me something to drink?"
(私に何か飲み物をくれませんか?)

のような表現を習いませんでしたか?この"something to drink"は「飲むための何か」すなわち「何か飲むもの」と習い、テストにもよく出る表現だったかと記憶しています。この"something"が非常に便利な単語なのです。

日本語でいう「何か」なんですが、会話で非常によく使えます。例えば、喋っていて「ほらほら、あれ、この前言ってた・・・何とかってやつあるじゃない?」。こんな曖昧な会話って結構多いと思います。私なんか固有名詞をすぐ忘れてしまうので、いつもこんな感じの会話です。この「何とか」に"something"を使えるのです。

また、何か例を挙げている時で、「滝沢君とか、翼くんとか、山下君とか・・・(なぜ自分ったらジャニーズを?)」みたいなときに、よく"...or something"みたいにして話を閉めてしまう時にも使えそうです。ここでは語尾を「○○みたいな?」と昔とんねるずが言っていたような疑問型の終わりかたが良さそうです。でもこんな使いかたは私だけかもしれません。

私の好きな歌手で「シャナイア・トゥエイン」という人がいて、この人の歌に

"You are Elvis or something?"

というくだりがあります。これは「あなた、エルビスか何かのつもり?」といった表現です。また、私の好きなコメディーで "3rd Rock from the sun" という、宇宙人が地球で生活しているというバカな番組なんですが、この中で宇宙人たちが「みんなで我々の星の歌を歌おう!」と歌い始めるのですが、途中で全員歌詞を忘れてしまい、"something, something, something...." と歌いつづけるシーンがありました。まあ、とにかく便利な単語なのです。

私的には、使える単語ベスト20以内には入っていると思いますね。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-30 00:59 | ネタ帳
拉致被害者事件のニュースを見て思いました。
アメリカにいても、ありがたいもので日本のニュースが見れたりします。私のところではフジテレビのNY支局か何かで、アメリカに住む日本人向けのニュースをやっていてくれて、毎日日本語のニュースをアメリカのケーブルTVで見ることが出来ました。アメリカ人はあれをどう思い見ていたのか気になるところではあります。

以前、田中真紀子氏が故小渕元首相に対する発言(おだぶつと言っていた話)でバッシングを受けたニュースを聞き、そのことで他の日本人留学生と話していたことがあります。その人は田中氏に期待していただけにすごくがっかりしていると言っていました。私は基本的にデタラメな人間で自分の発言をすぐ忘れてしまいがちですが、その時言ったことをなぜか妙に覚えています。「あんな発言はひどいけれど、でもあれが真紀子さんの発言の全てではなく面白いところだけ切り抜いて放送しているんじゃないの?」と言ったはずです。もちろん故人に対し社会的発言力の強い人が言うにはあまりにマヌケな発言でしたが、何故ああいう話が出たのかは、その前後の内容を私たちは以外と知らなかったりします。それは、その部分が放送されていないからに他ありません。

先週、小泉首相が北朝鮮に行き拉致被害者の方々の家族を連れて帰ってきましたが、被害者の会の小泉首相に対する発言は少し度を越えたものであった気がしました。私の家でもみんな「気持ちは分かるけど、あれは言い過ぎだろう」と激怒していた感じです(ちなみにうちの祖母は、どんなニュースでも激怒しますが・・・)。実際、被害者の会には反響の手紙なりFAXなりがあったそうですが3分の2は「あの発言はよくない」という会に対して批判的なものだったそうです。その件で会からのコメントがホームページに掲載されていました。それによると、きちんと感謝の念を小泉首相に述べたと。その上であれで終わりでは困るということを言ったんだ、ということだそうです。つまりテレビ各局、その他メディアは、センセーショナルな部分だけを視聴者に見せ、そこだけを事実として報道していたことになります。それは事実の一部だけれど全てではないのです。一般視聴者はけれど、それを見て事実の全てと解釈します。これはとても危険なことです。

私はアメリカに行く前は、アンチ・アメリカでした。アメリカ政府の傲慢なやり方が気に入らなかったし、危険な国というイメージだし・・・挙げればいっぱい出でてくるでしょう。実際行ってみると、そうではないことに気づきました。あくまで、それはアメリカという国の真実ではあるものの、一面でしかないのです。それらマイナスなイメージはテレビなどメディアから入ってきたものです。残念ながらいいイメージを伝えてくれることは少ないと思うのです。逆にアメリカの中にいると、アメリカは夢の国、世界のリーダー、日本って何?みたいなイメージを感じなくもなかったですが・・・。まあ何はともあれ、ものごとをある一面からのみ見るのは以外と危険なのではないかと改めて感じた一週間でした。

ううん、自分は何を言っているんだろう。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-29 14:32 | 思ったこと。
スターバックス
以前99のオールナイトをカセットに録音して、送ってもらって聞いていた話を書いたんですが、何年か前に日本でスターバックスが出店しだした頃に2人がそのことを触れていました。当時、スターバックスはオシャレさんが行くところで、みんなこぎれいな格好をして、気取った感じでいるのでとっても店に入れたもんじゃない、といった事を話していました。さらにスターバックスのロゴの入ったバッグを持っていることがオシャレのステータスだったとか?

その当時、友達が横浜に住んでいて横浜駅の近くのスターバックスのそばを通りかかりました。外から見たら確かにオシャレな感じで「入りにくーい!」と思いました。

そもそもスターバックスはシアトル発のお店で、ワシントン州に住んでいた私にとって、スターバックスはごく身近なお店でした。私の住んでいた田舎町にすらあったのです。私は学校に行く前にほぼ毎日スターバックスでコーヒーを買い、授業中に飲むという生活を送っていたので、お店の人も私のことや何を買うか覚えていてくれるのです。

"Good morning, sir. How are you?"

こんな感じで人生の先輩でもある店員のおじさんが私に丁寧に声をかけてくれます。次に、

"Coffe?"

と聞いてきます。私はいつも"Coffe of the day" (本日のコーヒー)を頼むので、これで話が成立してしまいます。あとはイエスか違う物が欲しいときは別のメニューを言うだけです。休みの日は作っている間待つ時間があるのでちょっと違うものをオーダーしてました。

朝は出勤前の人や私のような学生、昼間になると農場帰りのおじさんや買い物ついでのおばさんなど、実にさまざまな世代の人が行き来し、店員の人と楽しげに挨拶し、雑談し、コーヒーを買っていくわけです。実に生活に密着したお店って感じで、オシャレなんて全く見当違いだろ?と思い、横浜のスターバックスを横目で見ながら通り過ぎたのを覚えています。

今では、そんな過去があったことも忘れてしまったかのように、あちこちに店があり気軽に入れるようになったかと思います。でもいささかお値段のほうが高い気がしますね。

ちなみに、"bucks"ってお金の単位「ドル」の別の言い方なんです。5ドルを"5 bucks"みたいな感じでいいます。別にどこかで確認したわけではないんですが、"Starbucks"って星とお金を合わせた造語なんじゃないかなって思ってます。たとえば、ほんの数ドルで星のようにキラキラ輝く時間を!みたいな意味合いがあるとか・・・考えすぎ?
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-28 22:36 | 食べること
郵便
アメリカにも郵便局がありますが、あまりポストと呼べるものがありません。郵便局にはあるんですが、日本のように町中に見かけたことはないかと思います。じゃあ、手紙を出すときはは郵便局まで持っていかないといけないのか?というとそうでもなかったりします。

だいたい各家に郵便受けってあるのですが、それがアメリカでは思いっきり道沿いにあります。そして郵便受けの横には赤いアームのようなものがついています。実は出したい郵便があるとき、自分の家の郵便受けに入れておきこのアームを立てておくと、郵便配達の人がついでに回収して出してくれるという仕組みになっています。ちなみに私の家の郵便受けは道を渡ったところにありました。家には接していなかったわけです。さらに奥まったところに住んでいる人は、わざわざ郵便を取りに奥から出てきて、道路を渡って取りに行くようになっていました。これは奥まったところに郵便受けがあると郵便配達の人が面倒臭いからなんだろうなと思います。というのも、数件分の郵便受けが同じ所にありましたので。それから道沿いに郵便受けがあるのは、車で配達に来て、停車し、車の窓を開け、手を伸ばせばそれだけで郵便の配達と回収ができるという郵便の人の都合によるのではないか?と疑っています。このシステムがアメリカ全土で採用されているかは分かりません。

ちなみに私が郵便を送るときは、公共料金を払うときなど重要なことが多くて、自分の家の郵便受けにおいておくのが不安だったので、わざわざ郵便局までもっていきポストに入れていました。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-27 23:56 | 生活
ナッツ
私は昔から本が大好きで、小説などを読んでもマンガを読んでいるように絵が頭に浮かんできて、すっかり内容に没頭してしまいます。かなり感性にたよって本を読んでいる感じでしょうか。

それがあってか、学生時代から英語の文法は苦手だったのですが、どういうわけか長文を読んでいると分からない単語など出てきても関係なく内容を把握できてしまうところがありました。これはアメリカに行ってからも同じで、知らない単語や表現もなんとなく前後の話や雰囲気でニュアンスを把握してしまえるようでした。

ただ、ひとつだけ感じたものと違っていて、いまだにすっきりしないのが "nuts" というものです。多分これは俗語だとおもうのです。人を指して "nuts" なんていうので、雰囲気で「バカ」とか「いかれている」といった意味だと思っていました。"stupid" みたいな印象を持っていました。ある日友達に意味を聞いてみたら、これは "crazy" と同じ意味だと言われました。辞書的には「気が狂って」「夢中になって」などで確かに "crazy" のようです。

これはスラングとかとは違うんだと思いますが、それほど公式の場で使う表現ではない気がします。木の実とかのナッツから来ているんだと思うんですが、どうしてこういう意味を持つようになったのかは不明です。こういった単語の成り立ちというか歴史をたどっていくとかなり楽しめそうな気がするのは私だけでしょうか?
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-26 23:36 | ネタ帳
庭物語
私は留学中に一度引越ししています。最初はホームステイしていたんですが、ホストファミリーが仕事の都合で引っ越すことになったので一人暮しをすることにしました。そこで私は一軒家を見つけました。アパートよりも安かったので決めてしまいました。

この家、隣の家が結構遠いちょっと人里離れたみたいなところがあり(そこまで大げさではないですが)、それもあってかそこそこ広い庭付きでした。すごいのはこの庭の裏は小さな森になっていることでした。

ある日何気なく芝刈りをしていたら、庭にヘビを見つけました。私はあの手の生き物が苦手なので動揺しましたが、自分の住んでいる環境に気づき始めるきっかけにはなりました。

ある日、台所で洗い物をしていたら窓越しに庭にウサギがいるのを見つけました。これはかなり感動でした。ただでさえ野生のウサギが珍しいのに、自分の家にいるわけですから。さらに森のほうにある木に動いているものに気づきよく見ると、リスがいました。リスなんて、それまで動物園で見るものだと思っていました。

さらにある晩、窓越しに庭を見ると何かがいるのに気づきました。これはかなり衝撃だったのですが、野生の鹿の親子が3匹で庭の草を食べていたのです。同級生に庭で鹿を見た話をしたら、「リンゴを置いておいたら食べに来る」と教えてもらい、リンゴを買って庭においておいたら次の日の朝には食べたあとがありました。

向かいには牧場があって大量に牛がいましたし、近所に道路で馬に乗っている人もいたし、友達にはそのうち熊や牛が押しかけてくるぞと言われ、ちょっとホンキで心配したものです。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-25 23:09 | 生活
ガレージセール
もちろん、沖縄出身のダンスが上手なお笑いコンビの話ではありません。

アメリカのどこでもそうなのか分かりませんが、私の町では週末になると多かれ少なかれガレージセールをやっていました。特に引越しシーズンになるとあちこちでやっていました。日本ではガレージセールってあまりなじみがないですが、あえて言うなら各家でやっているフリーマーケット、最近なら現実版ヤフオク。

例えばいらなくなった服、家具、台所用品などなど捨てるのはもったいないけど、もう使わないといったものを欲しい人に売っちゃえといったものです。時期によってはソファのような大物が格安で買える場合もあります。私がガレージセールに行ってみたきっかけは、引越しをしたときです。家具やら生活用品やら、必要なものがたくさんあったので安くで物をそろえたかったのです。

あまりいいものが売ってなくて結局大した物は買わなかったのですが、色々な人の家に行ってその家の人と喋ったり交渉したりするだけでも結構楽しかったりしました。一時期毎週末ガレージセールに行っていたことがありました。だいたい地元の新聞に情報が載っていたり、道沿いに張り紙やボードが貼ってあったりするのでその住所を目指して車を走らせるんですが、普段行かないような道を発見したり、道に迷ったりして、住んでいたところが田舎だったのでちょっとした冒険っぽくてスリル満点でした。

私も一回だけガレージセールをしたことがあったのですが、かなり切ない思い出があります。これはまた別の話。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-24 23:49 | 生活
I'll be there for you.
先日終了した人気ドラマの「フレンズ」は私の大好きな番組のひとつです。私がリアルタイムで見ていたのはおそらく第5から7シーズンの途中まで。そこでストップしています。再放送などもほぼ毎日放映されていたので、ほぼ全話見ているのではないでしょうか?

さて、日本でも第7シーズンのレンタルが始まってようやくまだ見ていないところに追いついてくれました。昨日、字幕版のほうで見たのですが、最初の宣伝のところでは吹き替え版が入っていました。これには違和感ありまくりでした。それはカツオくんの声優さんが代わったとき以上に違和感がありました。たぶん声というより、キャラの喋る表現に違和感を感じたのでしょう。もっと普通でいいのに・・・。日本人が考える典型的なアメリカ人のキャラの作りかたって感じですかね。

まあ、何はともあれ久しぶりに見たフレンズは良かったです。主題歌もいいしドラマのテンポもいいし。あんなオシャレな友人関係もいいし。早く続きが見たいです。主題歌が始まって "So no one told you life was gonna be this way" の後に来る「チャチャチャチャ」に合わせてどこかを叩くのが私の習慣です。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-23 01:30 | 思ったこと。
お笑い大好き
私は子供の頃からお笑い番組が大好きです。最近はボキャブラ以来の?お笑いブームなのか、お笑い番組が増えていて良いことです。

アメリカにいる頃もよくお笑い番組を見ました。日本人に比べてベタなものや下ネタがうけるのかな?という感じでしたが、基本的に笑いに関するツボは同じなんでしょうか。私は結構笑いながら見ていました。

私が個人的に好きだったのが "Conan O'Brien Show" でした。基本的にはトーク番組なんですが、トークの間に入るコント形式のパートがバカバカしくて腹を抱えて笑ってました。「コナンってホントにバカなことやってるなあ!」なんて言いながら(実は超優秀な人らしいのですが)。

他に好きだったのが "The Downer Channel" という番組で、日本で言うシュール系の笑いでした。残念ながらアメリカでは受けなかったらしく数回で突然終わってしまいました。もし日本で深夜1時から2時くらいにやっていたら話題になったかもしれませんが、あれをゴールデンでやるのはちときつかったようで・・・。私は、深夜にクスクス笑ってしまうような笑いが結構好きです。

さて、そんな中、私の周りごく一部で話題沸騰中のトリオがいます。最近「うたばん」で準レギュラーになった(?)安田団長率いる「安田大サーカス」。最後に赤フン一丁にWピースで「オチでーす!」 と言ってネタを強引に閉める安田団長の勇姿に私はすっかり夢中です。・・・って超ベタじゃん!って感じですが。知っている方には笑ってもらえると思いますが。
[PR]
by yoshix619 | 2004-05-22 00:57 | 思ったこと。
   

思い出なのでネタはフレッシュではないかもしれません。「のすたるじー」です。
by yoshix619
> その他もろもろ
個人的にメールを送ってみようかな?という方はこちらへ
yoshix619@excite.co.jp


ホームページ

英語の素ならバックアップ


その他リンク
ソフトモヒカンAUS(新)

ソフトモヒカンAUS

Enjoy English ♪

TOEICオンライン 

ファーストフード

アメリカ生活ドットネット

英語学習とビジネスを洋書で学ぶ


My blog is worth $2,822.70.
How much is your blog worth?