> 検索
カテゴリ:ネタ帳( 61 )
はまったこと
blogbebeさんのブログを読んでいると、自分のニュアンスでやっている英語が恥ずかしくなってくるのですが、この完了形のところを読んでいてますますそう思ってしまいました。英語ってこういう形で勉強していくんだなと。

"Things have changed since he was a boy." という例文を用いられていて、これを読んだときに私は無意識に継続的な完了形(?)をイメージしていたのですが、書かれている通り since がなければ完了として捉えることもできるわけで、なかなか難しいわけです。特にニュアンスで英語をやっている私にとっては前後の文脈がなかったらとんでもない訳をしてしまう可能性大です。

完了形って難しくて、ネイティブの人でも実はあまり分かって使っていないのではないかと勝手に思っています。少なくとも私は学生時代全く理解できず、テストでは解答のパターンとして覚えていたにすぎません。ただ実際に英語を使い始めると現在形や過去形といった単純な時制だけでは表現できないことが多々あって、そういうとき「ここが完了形の使いどころだな!」とある日気づいてしまった瞬間がありました。

米語は英語に比べると厳密には完了形を使っていないところがあるようでして、本来完了形を使うべきところで過去形を使うなんていうこともあるそうです。

なんてことを考えていたらあることを思い出しました。アメリカに行ったばかりの頃、英語の授業で "There is sunshine....." といった文章が出てきて、「サンシャインがある」なんていう表現が気に入らなくて、先生に何度も「どうしてこういう表現がありうるのか」理由を聞いたことがありました。"There are books" のように「モノ」が存在する時にこの表現を使うのは学校で習っていたのですんなり入ってきたのですが、"sunshine" って数えられる「モノ」でもないものに "there is ..." を使うのが理解できなかったのです。今はこの表現を聞いても特に違和感を感じませんし、なんで気に入らなかったのかは分かりません。それでいながら、なぜこの表現がOKなのか分かっているわけでもないんですが・・・。先生も困った質問をする奴だと思ったことだと思います。そもそも "there is " でなぜ「〜がある」のような表現になるんだろう??

こんなことが続いているうちに、文法にこだわってみたり、自分の知っている英語にこだわりすぎると生きていけないなと思うようになり、なんとなく英語を使うようになってしまい今に至っているわけです。最近は英語の言語学的な部分にこっそりと興味を持つようになっているのですが、どうも時間がないといういいわけをして勉強していないのが残念なところです。
[PR]
by yoshix619 | 2005-08-13 00:15 | ネタ帳
moody
たまたまラジオでやっていたので覚書の意味もこめて・・・。

雰囲気のいい感じとして「いいムード」とかいうことがありますよね。そんなわけで "mood" っていい意味で使いたくなってしまいます。これをちょっと英語っぽく「あの人ってムーディーな感じ」なんていうとエラい目にあいます。

英語で "moody" って「ムラっ気のある」とか「気難しい」のような意味なんです。どうやら「雰囲気」といった意味もあるようなので、そこから和製英語ではいい雰囲気のときに「ムード」という言葉を使っているんでしょうが、全く逆になってしまう場合もあるので要注意です。

多分、"I am in the bad mood" のような使い方があった気がするので、"bad" の部分を "good" にすれば使えるかもしれないです。あまり聞きなれないけど、どうなんでしょう?ちなみに上のは「気分がよくない」という意味です。 "the" はいるのかな?
[PR]
by yoshix619 | 2005-06-08 21:46 | ネタ帳
NOVAの広告
最近、忙しく毎日終電かその1本前くらいで帰るような生活を送っています。週末も出勤している次第です。

さて人もまばらな電車で中吊りの広告を見ていたら英会話のNOVAの広告がありました。豆知識のような情報が載っていまして覚え書きという意味も込めて。

ブックカバーってありますが、どうやらあれは和製英語でネイティブには通じないんだそうです。実際にはダストジャケット(Dust Jacket)と言うんだそうです。私は実際に聞いたことがないので知りませんでしたが、面白いなあと思いました。ブックカバーって言うとどうも本の表紙のことを指すようです。
[PR]
by yoshix619 | 2005-05-28 22:27 | ネタ帳
泣き虫
急に思い出したので・・・。

多分プロレスを見ていたときだと思うんですけど、泣き虫のことを "sissy" と言っていました。辞書をみたら口語みたいですね。「シッシーボーイ」なんていう響きが面白くてよく覚えている表現です。
[PR]
by yoshix619 | 2005-04-26 00:09 | ネタ帳
Mean Girls
めざましテレビでやっていたんですが、"Mean Girls" という映画があるんだそうです。ここで "mean" というと多くの人は「意味する」という動詞が浮かぶかと思います。「girls を意味する」???何のことだろうと思った方もいるかもしれません。

これは結構意外かもしれないんですが、"mean" という単語には動詞だけではなく形容詞もあり、この場合「意地悪な」といった意味になります。「意地悪な女の子達」なんて訳になるでしょうか。辞書でみたらアメリカ英語になっていたので、イギリスでは使わない表現かもしれません。

ちなみに "mean" というとやっぱり動詞が一般的なわけで、会話の中でも非常に便利な単語です。自分の言いたいことが相手に伝わらなかったとき、例え話をしてみたり、より具体的な話をしてみたり、そんなときに「だから」とか「つまり」といった感じで "I mean, xxxxx" なんていう表現がよく使われます。私の場合、言いたい事が伝わらないことが多々あったので、しょっちゅう "I mean" を使っていました。とはいえ、その "I mean" に続く話もうまく伝わらないので、何が「つまり」なのかはよく分からないという弱点がありましたが・・・。
[PR]
by yoshix619 | 2005-04-15 00:17 | ネタ帳
急いでいる
最近NHKの英会話の番組って面白いですね。先ほど面白い表現を放送していたのでメモという意味もこめて。

急いでいるときに何て言うかという内容だったのですが、ある人は
"I am in a hurry."
と言っていました。これはあるかなと思いました。次のがなかなか面白かったのですが、
"Time escapes me."
つまり、忙しくて時間が私から離れてしまうといったニュアンスなんだと思います。これは初めて聞きました。

ちなみに私はあまり忙しいことがなかったのですが、例えば授業があって忙しいときなんかに、「もう行かなくてはならない」という意味で "I have to go." というくらいのものだったと思います。

ところで、"have to" っていつの間にか「ハブトゥ」ではなくて「ハフトゥ」と発音していることに気づいてしまいました。英会話の先生から聞いた話では、"have to" を速く言うとき「ハフタ」って言う人もいるんだそうです。
[PR]
by yoshix619 | 2005-04-08 00:15 | ネタ帳
Go Ahead
私のような英語に弱い、特にリスニング力が著しく劣る人間にとって、ある表現が耳に入って理解できると嬉しくて何度も使ってしまいます。特に留学したての頃はそうでした。そんな中に Go ahead" という表現がありました。

私の取っていた科目は実技が多かったので、とにかく順番待ちが多く、誰の順番だか分からなくなってくることがしばしばありました。私の場合、説明を聞いても理解しきれないので他の人がやっているのを見てから自分の番に回したくて、最後の方まで待つことが多かったのです。でもいつも最後の方で順番を待っているので、たまに「お先にどうぞ」と順番を譲ってくれる人がいました。こんなときに使うのが "Go ahead" です。これを聞いたとき「カッコいい」と思ってしまった私は、ずっと練習しながら言うタイミングを待っていました。そしてある日、他の生徒に順番を譲るのに "Go ahead" と言えたときは、こっ恥ずかしいという気持ちが強かったんですけど、かなり嬉しかったです。「一歩アメリカ人に近づいたぞ!」といったようなわけの分からない感動を覚えていました。こんな感じでゆっくりゆっくりと日常会話を覚えていっていたんですね。

"Go ahead" って、そのまま「前に進め」っていう感じで捉えていいと思います。どちらかというと口語かもしれないですね。いろいろな場面で使える便利な表現だという印象があります。
[PR]
by yoshix619 | 2005-04-05 18:34 | ネタ帳
Beautiful
別にイギリスフェアというわけではないのですが、またまたイギリス英語の話です。

今、アガサクリスティの小説を読んでいます。この中で面白い表現を見つけました。ある登場人物が、寝室で寝ている人を確認してこう言います。 "Sleeping beautiful" ここで言う "beautiful" をどう捉えたらいいのかはっきりは分かりませんが、多分「よく寝ている」といった感じなのかな?と思っています。

アメリカではそれほど "beautiful" は使わなかったような気がします。アメリカ時代に、家探しをしていて後に住むことになる家を初めて見たとき、こぎれいで気に入って、ここにしようと決めたのですが、そのとき「こぎれい」という表現が浮かばなくて "beautiful" と言って、これは違う表現だよなと思い、また「beautiful はここでは正しい表現ではないよね」と突っ込まれた、その一回くらいしか使っていない気がします。ちなみに、ここでは "neat" とか "nifty" "clean" あたりが適当かなと思います。

日本に帰ってきてから、職場の人と飲みに行ったときのことです。そのお店では60年代、70年代の音楽を生演奏している素敵な雰囲気のお店で、カリフォルニアから来たという人が歌っていました。ある理由で、そのバンドの人達と記念撮影をすることになりました。そこで「ここは自分がつたない英語で感想を言わなくては!」という使命感から歌手の方に声をかけようと思いました。しかし別の人が英語で話していました。実はメンバーの中にイギリスで留学をした経験がある人がいたのです。その人は「あなたのステージは beautiful だった」と言っていました。"beautiful" って言ったぞ!と驚きました。私の知っている英語ではそのステージの感想は "cool" とか "awesome" とかなのです。ううん、ここで "beautiful" なんて言うとはちょっと格好いいぞ!と思ったのを今でもはっきりと覚えています。

たぶん「美しい」というのとはちょっと違う意味で使っているんだろうなと勝手に思っているのです。
[PR]
by yoshix619 | 2005-03-22 23:16 | ネタ帳
Bloody
最近、テレビのデジタル化に向けての副産物で我が家のテレビでは「ミステリチャンネル」というチャンネルを見ることが出来るようになりました。様々な海外のミステリー系のドラマや映画を見ることが出来ます。

フランスやイギリスのドラマを多くやっていまして、今日何気なく見ているとイギリスの番組を放送していました。セリフを聞いていると頻繁に「ブラッディー」という単語が耳に入ってきました。多分、"bloody" だと思います。「血まみれ」っていう意味なんでしょうけど、ここではどうやら強調表現として使っているようです。これはアメリカ英語では聞かない表現だと思います。イギリスではよく使う表現なんでしょうか?アメリカだと "the heck" とか "the hell" あたりが当てはまる表現だと思います。同じ英語なのに随分違うものです。


ところで、楽天の球場「フルキャストスタジアム宮城」が完成したそうです。早い!!
[PR]
by yoshix619 | 2005-03-21 23:40 | ネタ帳
ふつう
アメリカに行ったばかりの頃にはホームステイをしていました。ある日、ホストファミリーと買い物に行ったときに、食べ物について「○○は好き?」という質問を色々されました。好きとか嫌いとかいった答えは簡単なんですが、好きでも嫌いでもない「普通」という時はなんて言うんだろうと迷いました。そこで "normal" と言ってみました。今考えると恥ずかしいことこの上なしなんですが、そう言ってみました。やはり通じませんでした。

でも色々言ってみたら何となく理解してくれたみたいで、そう言うときは "so so" と言うんだよ、とのことでした。そのとき手を胸の前に出して、手のひらを下にして左右に振りながら言うんだということでした。他にも、"OK" なんていうのもありだと言われました。これは言い方が大切なんですけど活字では表現できないですね。最初の頃は "so so" ってよく言っていたんですけど、だんだん英語に慣れてきたら言わなくなっていました。ニュアンスで喋れるようになってきたからだと思うんですが "OK" と言っていました。後はジェスチャーとか使ってみたりして。

前に大魔人こと佐々木投手がシアトルに行った頃、テレビのインタビューの中で "so so" と言っていたのを見たような気がします。そのとき、とりあえず英語の基本として習う表現なのかなと思ったのでした。
[PR]
by yoshix619 | 2005-02-26 23:21 | ネタ帳
   

思い出なのでネタはフレッシュではないかもしれません。「のすたるじー」です。
by yoshix619
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> その他もろもろ
個人的にメールを送ってみようかな?という方はこちらへ
yoshix619@excite.co.jp


ホームページ

英語の素ならバックアップ


その他リンク
ソフトモヒカンAUS(新)

ソフトモヒカンAUS

Enjoy English ♪

TOEICオンライン 

ファーストフード

アメリカ生活ドットネット

英語学習とビジネスを洋書で学ぶ


My blog is worth $2,822.70.
How much is your blog worth?